メディアや看板などで見かけることが増えたトランクルーム。トランクルームとは、一時的または長期的に荷物を預けておけるレンタル収納スペースのことです。トランクルームに興味があり、「どんな使い方ができるの?」と気になる人もいるでしょう。ここではトランクルームの利用者が収納しているものの例、そしてトランクルームを利用するメリット・デメリットを紹介します。

トランクルームにはみんな何を入れるの?

自宅以外に収納スペースが欲しいときに便利なトランクルームですが、一般的にはどのような使われ方をしているのでしょうか。「みんな何入れるの?」と疑問に思う人のために、トランクルームの使い方を例を挙げて解説します。なお、トランクルームには費用が手頃で車で利用しやすい「屋外型」と、照明や空調などが完備されてセキュリティの面でも安心な「屋内型」があります。業者によっては、バイクが収納できる「バイク収納型」のトランクルームもあります。

自宅外の押し入れとして

一般的なトランクルームの使い方として多いのは、自宅外の押し入れやクローゼットとして利用する例です。テントやバーベキューセットなどのアウトドア用品、スキーやスノーボード、サーフィンなどのスポーツ用品は、場所を取るわりにあまり使わないという人も多いでしょう。また、アウトドア用品やスポーツ用品は基本的に屋外で使うものなので、自宅には置きたくないという声も聞かれます。「手放したくはないけれど、すぐには使わない」というものをトランクルームに預ければ、自宅がすっきりと片付きます。

そのほか、トランクルームに書籍を預けている人も多いです。中には、お気に入りの本やマンガのコレクションが増えすぎて部屋に置けなくなり、トランクルームを借りたという人もいるようです。アルバムや写真、過去の交際相手からの手紙といった「思い出の品」を収納している利用者も少なくありません。

オフシーズンのアイテムや衣類を保管

利用する季節が限られるものは、シーズンが終わったらトランクル-ムに預けるという人も多いものです。こたつやストーブ、扇風機といった冷暖房器具は、オフシーズンも自宅に置いておくと場所を取ります。クリスマスツリーやひな人形、兜飾りといった季節の行事グッズも同様です。使わない季節はトランクルームに預けておけば、自宅の収納スペースが片付き、空間にも気持ちにもゆとりが生まれます。

オフシーズンの衣類を預けている利用者も多いです。特に、ダウンジャケットやコートなどはかさばるものです。衣替えのあとにオフシーズンの衣類をまとめてトランクルームに預ければ、クローゼットがすっきりします。

引っ越しや自宅のリフォーム時などの一時保管

引っ越しや自宅のリフォーム、建て替えなどで、家具の一部を一時的に預ける必要があるときにもトランクルームが便利です。海外赴任や留学などで、短期間だけトランクルームを利用する例もあります。トランクルームの広さはさまざまなので、ベッドやソファなどの大型家具が収納できるものもあります。また、トランクルームは賃貸物件と違って1カ月から利用できるケースがほとんどです。賃貸物件に比べて費用も安くてすむので、一時的な利用も気軽にできます。

趣味の道具やコレクション・美術品などの大切なもの

屋内型トランクルームは空調設備が整っていて、湿気や温度変化の心配が少ないため、大切なものの保管に向いています。陳列にこだわって観賞部屋として使うこともできるので、釣り道具やフィギュアといった趣味のグッズやコレクションなどを預ける人も少なくありません。屋内型トランクルームはセキュリティもしっかりしているため、美術品や高級ブランド品などを保管するのもいいでしょう。

トランクルームを利用するメリット・デメリット

ここでは、トランクルームを利用するメリット・デメリットについて解説します。トランクルームを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

メリット

トランクルームの利用にはさまざまなメリットがありますが、ここでは主なメリットを3つ紹介します。

部屋が広く使える

トランクルームを活用することで、自宅を広く使えるのは大きなメリットです。場所をとる大きなものや、季節によっては使わないものなどを自宅に置いておくと、収納スペースが有効活用できません。しかし、トランクルームを使えば自宅の収納スペースにゆとりができ、暮らしもより快適になります。家族と一緒に暮らしている場合は、増え続ける趣味のグッズを自宅に置いておけないこともあるかもしれません。そんなとき、トランクルームを使えば大切な趣味のグッズを捨てずに済みます。また、費用面のメリットもあります。都市部では広い部屋を借りるよりも、別でトランクルームを借りたほうが安く済むケースも多くなっています。

一時預けができて便利

トランクルームは1カ月から契約できるので、一時預けにも便利に利用できます。例えば引っ越しの際、退去と入居のタイミングがずれることがあります。そんなときは、荷物を一時的に保管できるトランクルームがとても便利です。家の建て替えやリフォームなどで仮住まいするときも、トランクルームを使えば仮住まい先にすべての荷物を持ち込む必要がありません。工事期間に合わせ、必要なタイミングで荷物を預けられるので無駄な出費を避けられます。

湿度・温度管理の整った環境で保管できる

屋内型トランクルームは空調設備が整っているため、大切なものやデリケートなものを適切な環境で保管できます。湿度や温度が一定の環境で保管できるので、カビや湿気による劣化のリスクが少なく安心です。

デメリット

トランクルームの利用にはデメリットもあります。トランクルームを使うなら、デメリットについても理解して、事前に対策しておきましょう。

費用がかかる

トランクルームの利用には、初期費用や毎月の利用料金など一定の費用がかかります。費用を安く抑えたい場合は、屋内型よりも手頃に利用できる、屋外型トランクルームを検討してみてはいかがでしょう。お得に利用できるキャンペーンを実施していることもあるので、ホームページを確認して、いくつかの業者を比較するのがおすすめです。

立地によっては不便なことも

トランクルームの立地や駐車場の有無などによっては、せっかく借りたトランクルームが不便で使いにくいというケースもあります。自宅や学校・会社などから近ければ頻繁に通えますが、普段利用しない土地にあるトランクルームは通うのが面倒になることもあるでしょう。トランクルーム契約時は、交通手段も含め、利用しやすい場所にあるかどうかよく検討することが大切です。駐車場がないトランクルームもあるので、車で荷物を運ぶ場合は「横付けができるか」「周辺に駐車場があるか」などを事前にチェックしておきましょう。

収納する際のコツ

トランクルームを使いこなすためには、収納のコツを押さえておくのが肝心です。まず、上部の空間をうまく使うためにラックなどを活用しましょう。使用頻度の低いものは奥に、使う予定があるものは手前に置くのもポイントです。さらに、いざというときに奥のものを取り出せるように、通路となるスペースも確保しておきましょう。

また、段ボールなど中の見えない箱で収納するときは、何が入っているかわかるようにすると便利です。ラベルをつけたり写真を撮って貼ったりしておけば、入っているものが一目で分かります。トランクルームに預けたら預けっぱなしにするのではなく、何を預けているのかをきちんと把握しておくことが大切です。

トランクルームの使い方は自由!自分なりの方法で活用しよう

トランクルームは普段使わないものを保管したり、一時的に預けたりするのにとても便利です。「ドッとあーるコンテナ」は、首都圏を中心に1万6000室以上を提供しており、最短で契約当日から利用可能。さらに、スタッフの多くが「整理収納アドバイザー」の資格を保有。収納のプロに、トランクルームや収納の悩みを相談できます。お得なキャンペーンも実施しているため、預けたいものがある人は利用を検討してみてはいかがでしょうか。