千葉県のトランクルーム・レンタルコンテナ・貸し倉庫を探す

千葉県の新着トランクルーム

47

11件~20件をさらに表示する

千葉県のトランクルームキャンペーン

千葉県で特長からトランクルームを探す

それほど重要でない物を収納するなら安価なルーム、大切な物を安全に保管したいならクオリティの高いルームなど、用途と予算に合わせて最適なトランクルームを選択できます。

一般的なロッカールームなどでは絶対に収納できないサイズ・量の物でも収納可能なスペースたっぷりのトランクルーム。広いほど使い勝手が良く、様々な用途で活用できます。

貴重品を保管するなら、警備員による巡回や監視カメラでの監視など、万全のセキュリティを誇るトランクルームがおすすめ。自宅よりも安全に保管できる場所があります。

早朝でも夜中でも好きなときに荷物を出し入れできるトランクルーム。利用者の生活・仕事に合わせて柔軟に活用できます。スピーディーに荷物を出し入れしたい人におすすめ。

契約前に見学できるトランクルームです。どんな荷物をどのくらい置ける?セキュリティ面は大丈夫?など契約前に実際に見て、確認しておきたいという人におすすめです。

屋外のトランクルームは比較的安くて広いのが特徴。「もう使わないけど、なかなか捨てられない。でも、場所を取ってしまうし・・・」という物を収納するのにうってつけです。

千葉県について

特色

千葉県のエリアでは、最小0.5帖から最大11.8帖までの広さのトランクルームがあります。総人口は、628万435人(令和3年5月1日現在)、面積は5157.61平方キロメートル(全国28位)です。千葉県は、東京都、埼玉県、茨城県、神奈川県と隣接しています。太平洋と東京湾を臨む房総半島は、なだらかな丘陵地帯を除き平坦な土地の割合が多く、可住地面積が広いことが特徴です。千葉県北西部は都心までの通勤圏であることから、住宅地開発が進み東京のベッドタウンとして発展を遂げました。

交通情報

千葉県は鉄道の駅が多くさまざまな路線の利用がしやすいエリアです。主な鉄道は、JR東日本の総武線、総武本線、内房線、外房線、京葉線、成田線、武蔵野線、久留里線、鹿島線、常磐線、東金線が通ります。また、東京メトロ東西線、京成千原線、京成千葉線、京成東成田線、京成本線、京成成田スカイアクセス線、新京成電鉄、山万ユーカリが丘線、千葉都市モノレール、東武野田線、いすみ鉄道、小湊鐵道、流鉄流山線、銚子電気鉄道、都営新宿線、東葉高速線、ディズニーリゾートライン、芝山鉄道、つくばエクスプレスなど各方面への鉄道路線が充実しています。高速道路は、京葉道路、東京外環自動車道、首都高速湾岸線、東関東自動車道をはじめ、東京湾アクアラインなどの有料道路や、国道や県道などの幹線道路も整備され、各方面へのアクセスもスムーズです。東京駅・羽田空港・成田空港とディズニーリゾートや海浜幕張地区のホテル群とを結ぶ直通バスや高速バスも利用できます。また、東京湾フェリーは神奈川県横須賀市久里浜と千葉県富津市を往復しています。

観光情報

県央や県南部は、東京湾アクアラインの開通により神奈川県方面や羽田空港からの観光客も訪れやすくなりました。浦安市にある東京ディズニーリゾートを筆頭に、マザー牧場、東京ドイツ村、鴨川シーワールド、ふなばしアンデルセン公園などの広い世代が楽しめるテーマパークやレジャーランドなども充実しています。夏には、海岸線が長く豊富な海水浴場がある九十九里浜は多くの海水浴客やサーファーで賑わうエリアです。また、成田山新勝寺や南総里見八犬伝ゆかりの舘山城、犬吠埼灯台など名所旧跡も多数存在します。千葉県はゴルフ場が多いことでも有名で、他にも野球やサッカーのプロチームのホームスタジアムもあり、大きな競技場やプールなども多く、スポーツの盛んな地域でもあります。

歴史や変貌

明治6年に木更津県と印旛県が合併して千葉県が誕生し、本千葉に千葉県庁が設置されました。江戸時代から醤油の醸造業が盛んで、醤油の国内メーカー大手5社のうちキッコーマン、ヤマサ醤油、ヒゲタ醤油の3社が千葉県に集まっています。大正から昭和初期に鉄道網の敷設とともに、東京湾沿い、九十九里沿岸、温暖な南房総に観光地や娯楽施設などを作り、観光産業が発展しました。また、東京湾の臨海地帯には大規模な工場が建設され、太平洋戦争の頃には食糧生産や軍需工場の拠点としたことをきっかけに、東京湾を埋め立てて大規模な工業地帯が生まれました。昭和53年には成田国際空港が開港し、世界への玄関口として千葉県は大きな発展を遂げました。