現在地から探す

千葉県松戸市のトランクルーム・レンタルコンテナ・貸し倉庫を探す

千葉県松戸市のトランクルームを検索

千葉県松戸市紙敷三ヶ月1303-11
¥9,900〜¥35,200
9900 35200
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県松戸市大金平3丁目210-1
¥8,800〜¥33,000
8800 33000
1.5帖(2.43m²)〜7.9帖(12.98m²)

千葉県松戸市松飛台77-5
¥8,250〜¥36,300
825036300
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県松戸市中根411
¥7,700〜¥37,400
7700 37400
1.3帖(2.03m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県松戸市大金平3丁目210-1
¥7,700〜¥33,000
7700 33000
1.2帖(1.98m²)〜7.9帖(12.98m²)

千葉県松戸市串崎新田1-1
¥7,150〜¥33,000
715033000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県松戸市松戸東1-9
¥7,150〜¥35,200
7150 35200
1.3帖(2.03m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県松戸市岩瀬608-9
¥7,150〜¥9,900
7150 9900
1.3帖(2.03m²)〜2帖(3.20m²)

千葉県松戸市松戸1097-1
¥6,050〜¥6,600
6050 6600
0.9帖(1.36m²)〜0.9帖(1.46m²)

千葉県松戸市大金平2丁目120
¥5,500〜¥33,000
550033000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県松戸市新松戸4丁目116
¥5,500〜¥24,200
5500 24200
1.4帖(2.18m²)〜4.4帖(7.11m²)

千葉県松戸市高塚新田81-3
¥4,400〜¥14,300
440014300
1.6帖(2.51m²)〜2.7帖(4.30m²)

千葉県松戸市稔台4丁目25
¥4,400〜¥33,000
440033000
1.3帖(2.03m²)〜8.3帖(13.57m²)
ウェブ契約のメリット!キャンペーン実施中!6ヶ月分の賃料半額+初期費用最大 2ヶ月分相当割引!
「トランクルームでバイクを保管する」という選択肢。車庫の代わりに・バイクの盗難防止に!

千葉県松戸市について

特色

千葉県松戸市のエリアでは、最小0.9帖から最大8.3帖までの広さのトランクルームがあります。松戸市は、千葉県の北西部に位置しています。西側は江戸川を挟んで東京都葛飾区と江戸川区、そして埼玉県三郷市に隣接しており、都心から約20km、電車で30分ほどの距離と交通の便の良さが抜群です。そのため、東京のベッドタウンとして発展してきており、人口も年々増加しています。面積は61.38平方km、人口は約49万人、ひし形の形をしている市です。

交通情報

松戸市内には東京メトロ千代田線から直通運転をしているJR常磐線をはじめ、JR武蔵野線、新京成電鉄、東京メトロ日比谷線から直通運転をしている東武スカイツリーラインなどの東武鉄道、流鉄、北総鉄道といった電車が通っています。都心へのアクセスが非常に良好なのはもちろんのこと、千葉県内の移動も便利ですし、成田空港への移動も簡単です。特に平成27年に上野東京ラインが生まれたことによってさらに利便性が良くなり、JR常磐線で上野駅まで直通運転し最速17分、東京駅まで直通運転で最速24分となりました。また、国道6号が都心から東北方面に走っており、将来的には東京外かく環状道路の千葉県区間が開通する予定もあります。車での移動も、アクセスの良い立地となっています。

観光情報

松戸市は、江戸幕府が水戸街道を整備したときから宿場町として繁栄した土地です。そのため、徳川幕府にゆかりのある観光スポットが豊富にあります。中でも松戸駅から徒歩10分という場所にある徳川昭武(徳川慶喜の弟)の別邸「戸定邸」は国の重要文化財にも指定されている見どころです。とても広い建物の中に入って、中の様子や庭園も見学することもできます。また、作家・伊藤左千夫の「野菊の墓」や細川たかしの歌、映画「男はつらいよ」などでも有名な「矢切の渡し」も松戸近くのスポットです。松戸駅から矢切の渡し近くまでバスが出ており、渡し舟に乗って東京・葛飾の柴又まで移動することができます。柴又の観光と組み合わせるのもおすすめです。

歴史や変貌

松戸には旧石器時代から人が住み始めました。幸田貝塚など、縄文時代からの遺跡が見つかっています。平安時代、鎌倉時代など、各時代にも歴史上の人物が松戸の地で生きてきた記録がありますが、特に松戸が繁栄したのは、江戸幕府が水戸街道を整備して松戸が宿場町となってからです。松戸郵便局付近に大名が宿泊した施設や旅籠などが建ち並んでいたようで、「玉屋」という旅籠がなお現存しています。明治以降には旧水戸街道が国道になり、松戸は交通の要衝として、そして東葛飾郡の中心都市としても繁栄し続けました。町村制が施行された明治時代には、現在の松戸市エリアに松戸町・明村・八柱村・馬橋村・高木村・小金町といった町村が生まれます。その後はこれらの町村が合併を繰り返し、昭和初期に松戸市が誕生したのです。都心へのアクセスの良さから交通が整備され、人口も急増していきました。松戸市は、今もなお整備の進む都市として洗練され続けています。