現在地から探す

千葉県柏市のトランクルーム・レンタルコンテナ・貸し倉庫を探す

千葉県柏市のトランクルームを検索

千葉県柏市十余二380-68
¥8,800〜¥35,200
8800 35200
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県柏市関場町6-1
¥8,800〜¥35,200
8800 35200
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県柏市明原4丁目2-1
¥8,800〜¥18,700
8800 18700
1.6帖(2.51m²)〜4.1帖(6.68m²)

千葉県柏市十余二156-23
¥7,700〜¥33,000
7700 33000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県柏市布施810-11
¥7,700〜¥33,000
7700 33000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県柏市逆井485
¥7,700〜¥33,000
7700 33000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県柏市篠籠田1331
¥7,150〜¥33,000
7150 33000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県柏市豊四季382
¥7,150〜¥30,800
7150 30800
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)

千葉県柏市北柏5丁目3
¥5,500〜¥14,300
5500 14300
1.3帖(2.03m²)〜2.7帖(4.30m²)

千葉県柏市戸張290
¥3,300〜¥31,900
330031900
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)
ウェブ契約のメリット!キャンペーン実施中!6ヶ月分の賃料半額+初期費用最大 2ヶ月分相当割引!
「トランクルームでバイクを保管する」という選択肢。車庫の代わりに・バイクの盗難防止に!

千葉県柏市について

特色

千葉県柏市のエリアでは、最小1.3帖から最大8.3帖までの広さのトランクルームがあります。柏市は、千葉県の北西部に位置する市です。東側は我孫子市と印西市、そして茨城県の取手市と守谷市、西側は松戸市と流山市、南側は鎌ヶ谷市と白井市、北側は野田市とそれぞれ隣接しています。東京都には隣接していないものの、首都圏を囲む放射状道路・環状道路と鉄道の交差部が柏市内に位置していることから、交通の要衝として重視されている土地です。首都圏のベッドタウンとしても繁栄しており、平坦な土地の広がる下総台地には都市や住宅地が形成されています。豊富な商業施設で賑わう都市部もありながら、手賀沼や利根川などの自然の豊かさにも恵まれているのが柏市の特色です。

交通情報

柏市内の鉄道路線は、都心から郊外へと放射状に走るJR常磐線とつくばエクスプレス、そして市の北西から南に走る東武アーバンパークラインが通っています。JR常磐線は南柏駅・柏駅・北柏駅の3駅が、つくばエクスプレスは柏の葉キャンパス駅と柏たなか駅の2駅があり、都内へのアクセスは非常に良好です。東武アーバンパークラインは埼玉県大宮から千葉県船橋までの路線の中で、豊四季駅・柏駅・新柏駅・増尾駅・逆井駅・高柳駅の6駅が利用できます。道路では国道6号線、国道16号線、常磐自動車道が走っており、それぞれの道路が柏市内で交差していることから交通の要衝といわれます。特に国道6号と国道16号線は呼塚交差点で交差しますが、非常に交通量が多いことでよく知られている場所です。

観光情報

柏市内には「手賀沼」や「あけぼの山農業公園」のような自然を楽しめるスポット、「柏の葉T-SITE」や「セブンパークアリオ柏」のようなショッピングを楽しめるスポット、そして「旧吉田家住宅歴史公園」のような柏市の歴史に触れることのできるスポットなど、観光する人の興味や関心によって選べる幅広い人気観光スポットがあります。特に、柏市ならではの観光を楽しみたい方におすすめしたいのが、「道の駅しょうなん」でショッピングやグルメを楽しみながらの手賀沼付近のハイキングです。ヨーロッパのような風車が目印の「あけぼの山農業公園」は、芝生でピクニックができ、アスレチックなどもあるのでファミリー向けのスポットでしょう。花見のスポットとしてもよく知られ、春はチューリップ、秋はコスモスが見頃となります。「旧吉田家住宅歴史公園」は江戸時代の豪農である吉田家のお屋敷で、茅葺き屋根が特徴です。国の重要文化財にも指定されています。

歴史や変貌

千葉県柏市には旧石器時代から人が住んでおり、聖人塚、中山新田、元割遺跡などの遺跡が発見されています。古墳時代に築かれた古墳や遺跡なども発見されています。この頃、柏市を含む一帯は朝廷のご名代として直接支配されていたようです。その後も現在の千葉県柏市が含まれている下総国葛飾郡では、数多くの争いや戦いが繰り広げられてきたのです。江戸時代に入ってから、幕府の軍馬を育成するために小金牧と佐倉牧が置かれ、その後は牧を廃止して東京新田とも呼ばれる開墾地が作られました。また、江戸川や利根川を利用した水運が盛んになった時期もあります。明治・大正時代には常磐線や北総鉄道が開通したことで柏駅は乗換駅となり、駅周辺に市街地が形成されていきました。柏市は首都圏のベッドタウンとしても栄え、多くの商業施設が並ぶ都市へと発展していったのです。平成の時代になってからはつくばエクスプレスが開通したことから、柏の葉地域に学園都市が形成されるなど、柏市にはさらなる発展が見込まれています。