現在地から探す

福岡県福岡市博多区のトランクルーム・レンタルコンテナ・貸し倉庫を探す

福岡県福岡市博多区のトランクルームを検索

福岡県福岡市博多区光丘町3丁目34
¥8,800〜¥22,000
8800 22000
1.6帖(2.51m²)〜4.1帖(6.68m²)

福岡県福岡市博多区金の隈3丁目1-2
¥8,800〜¥33,000
8800 33000
1.5帖(2.42m²)〜8.3帖(13.57m²)

福岡県福岡市博多区東那珂3丁目5-52
¥8,800〜¥66,000
8800 66000
1.6帖(2.51m²)〜14.2帖(23.32m²)

福岡県福岡市博多区板付1丁目11-29
¥8,800〜¥33,000
8800 33000
1.6帖(2.50m²)〜8.3帖(13.57m²)

福岡県福岡市博多区東那珂1丁目95
¥8,800〜¥39,600
8800 39600
1.5帖(2.42m²)〜8.1帖(13.34m²)

福岡県福岡市博多区博多駅南6丁目15-21
¥6,600〜¥39,600
6600 39600
1.5帖(2.31m²)〜8.3帖(13.57m²)

福岡県福岡市博多区半道橋2丁目3-22
¥6,600〜¥39,600
6600 39600
1.5帖(2.42m²)〜8.1帖(13.34m²)

福岡県福岡市博多区千代5丁目1-4
¥5,500〜¥13,200
5500 13200
0.6帖(0.90m²)〜2帖(3.23m²)

福岡県福岡市博多区吉塚3丁目28-14
¥5,500〜¥22,000
5500 22000
0.5帖(0.75m²)〜1.9帖(3.04m²)

福岡県福岡市博多区西月隈3丁目4-21
¥4,400〜¥33,000
4400 33000
1.5帖(2.42m²)〜8.3帖(13.57m²)

福岡県福岡市博多区東光寺町1丁目2-27
¥4,400〜¥39,600
4400 39600
1.2帖(1.98m²)〜8.3帖(13.57m²)

福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目23-20
¥3,300〜¥38,500
3300 38500
0.2帖(0.29m²)〜3.6帖(5.85m²)
ウェブ契約のメリット!キャンペーン実施中!6ヶ月分の賃料半額+初期費用最大 2ヶ月分相当割引!
「トランクルームでバイクを保管する」という選択肢。車庫の代わりに・バイクの盗難防止に!

福岡県福岡市博多区について

特色

福岡県福岡市博多区のエリアでは、最小0.5帖から最大14.2帖までの広さのトランクルームがあります。博多区は、福岡市を構成する7つの行政区のうちの一つで、福岡県庁の所在地でもあります。人口は福岡市東区に次ぐ約24.5万人、広さは31.62平方キロメートル、福岡にとどまらず九州経済・交通の根幹を担っている中枢都市です。福岡湾に面する北西の湾岸エリアは古くより代表的な港町・商業都市として栄え、特に、那珂川と博多川に挟まれた長さ約1km、幅200mのエリアは中洲と呼ばれ、西日本屈指の繁華街として親しまれています。

交通情報

博多区は、博多駅、博多港、福岡空港をはじめ、陸・海・空の九州交通の拠点・玄関口として圧倒的な地位を確立しています。特に、新幹線が往来する博多駅と、大多数の航空便が発着する福岡空港を、地下鉄経由たったの5分で直結する利便性は、日本全国各地の大都市を見回しても他に例を見ない程の充実ぶりです。博多区からは九州・山陽新幹線の他にも、JR鹿児島本線、JR篠栗線、福岡市営地下鉄空港線・箱崎線といった豊富な路線が多方面に広がっているうえ、博多駅至近の博多バスターミナルでは、西鉄バスをメインとした福岡市内方面へのバスと、遠方からの高速バスが多数発着を繰り返しています。

観光情報

九州交通の要、博多駅には日本最大級の駅ビル施設JR博多シティが組み込まれていて、230もの専門店がひしめくショッピングモール、有名百貨店、大手シネコンなどで構成されています。食べる・遊ぶ・買うといった娯楽要素が何不自由なく一つの駅ビルで完結できてしまうのは、博多区の求心力の高さの象徴と言えるでしょう。そして、先述した中洲は「日本三大歓楽街」の一つと称され、博多ラーメンや餃子など約100店の屋台が連なる一角は、博多観光には欠かせないスポットとして有名です。博多駅から徒歩10分前後の距離には、由緒正しい神社やお寺、風情溢れる日本庭園などもあり、大都市ながらも落ち着いた観光名所を複数有しているという点も見逃せません。

歴史や変貌

「博多」という地名は、奈良時代の頃には既に日本史上に登場しています。博多エリアは、日本が古くより博多湾で朝鮮半島と交易を行っていた経緯もあり、京都が日本の中心として機能するはるか以前から、経済や政治の中心として重要な役割を担ってきました。その後、商人の町博多として、那珂川以西の城下町福岡とは、個性の異なる発展を遂げていきます。福岡市を代表する大祭として有名な博多どんたくも、数百年という歳月をかけて博多町人が発展させてきた催しです。明治維新以降、福岡市の発足により「博多」という地名が行政上消えていた時期もありましたが、1972年に福岡市が政令指定都市に昇格したタイミングで「博多区」としてその呼び名が復活しました。