東京都のトランクルーム・レンタルコンテナ・貸し倉庫を探す

東京都の新着トランクルーム

7

11件~20件をさらに表示する

東京都のトランクルームキャンペーン

東京都で特長からトランクルームを探す

それほど重要でない物を収納するなら安価なルーム、大切な物を安全に保管したいならクオリティの高いルームなど、用途と予算に合わせて最適なトランクルームを選択できます。

一般的なロッカールームなどでは絶対に収納できないサイズ・量の物でも収納可能なスペースたっぷりのトランクルーム。広いほど使い勝手が良く、様々な用途で活用できます。

貴重品を保管するなら、警備員による巡回や監視カメラでの監視など、万全のセキュリティを誇るトランクルームがおすすめ。自宅よりも安全に保管できる場所があります。

早朝でも夜中でも好きなときに荷物を出し入れできるトランクルーム。利用者の生活・仕事に合わせて柔軟に活用できます。スピーディーに荷物を出し入れしたい人におすすめ。

契約前に見学できるトランクルームです。どんな荷物をどのくらい置ける?セキュリティ面は大丈夫?など契約前に実際に見て、確認しておきたいという人におすすめです。

屋内に荷物を保管するトランクルームなら、天候や時間帯を気にする必要はありません。セキュリティ面も充実しているので、安心・安全を求めるなら屋内施設で間違いなし。

屋外のトランクルームは比較的安くて広いのが特徴。「もう使わないけど、なかなか捨てられない。でも、場所を取ってしまうし・・・」という物を収納するのにうってつけです。

大切な物が色褪せたり、カビが生えたりしたらどうしようという方には、空調設備があるトランクルームがおすすめ。食品・嗜好品・衣類などのデリケートの物の保管に最適。

東京都について

特色

東京都のエリアでは、最小0.4帖から最大8.3帖までの広さのトランクルームがあります。東京都は関東平野の中央に位置し、総面積は2193.96平方キロメートルです。23特別区を中心に26市と5町、8村で構成されています。1869年に京都から都が移されて以降、日本の中心都市として栄えました。行政機関や金融機関、大企業などが集中し文化面や教育面においても日本の中核をなしています。人口は2021年3月1日時点で1396万236人となり、日本の都道府県では最も多い人口です。東京都の気候は、全体的に夏期は高温多湿で冬期は乾燥することが多く、ゲリラ豪雨や豪雪の被害も稀に発生します。

交通情報

東京都は、あらゆる交通手段に長けています。鉄道に関して都内を走る路線は2021年2月時点で85線となり、存在する駅は650を超えています。都道府県で最も多く、面積が1番広い北海道と比べても100駅以上多いです。山の手線が環状運転をおこない、山の手線上に連なる東京駅や上野駅、品川駅などが鉄道各線を結節するターミナル駅として機能しています。また、東京都にはバス路線も数多く走り、空港も東京国際空港を含め合計で7つ存在しています。東京都内の主な高速道路は、都心を走る首都高速道路や中央高速道路、東名高速道路などです。国道や都道も数多く存在し、日本の中心都市である東京都は、交通の利便性が非常に高くなっています。

観光情報

東京都には数多くの観光スポットがあります。そのなかで特に有名なのは、東京スカイツリーです。東京スカイツリーは東京都墨田区にある電波塔で、東京タワー周辺の電波状況の悪化を改善したり携帯機器向けの放送を快適化したりすることを目的として建てられました。2012年に完成し高さが634mもあり、2011年には世界一高いタワーとしてギネス記録に認定されています。周辺には商業施設やオフィス施設、水族館などのレジャー施設が連なる「スカイツリータウン」があり、連日多くの人が訪れています。また、浅草にある浅草寺も有名な観光スポットです。初詣の参拝客数が毎年全国でトップ10に入るほど、多くの観光客が訪れます。

歴史や変貌

もともと日本の首都は京都で、東京は江戸と呼ばれていました。関ケ原の戦いを経て徳川家康が1603年に江戸幕府を開いてからは、首都は京都でありながら江戸が日本の行政の中心地になっていました。1867年の大政奉還と1868年の王政復古のクーデターによって江戸幕府が崩壊し、新政府は江戸府を設置。江戸が東京に改称されると、江戸府も東京府となりました。そして、1869年に明治天皇が皇居に入るとともに東京府が事実上の首都になり、1943年の第二次世界大戦中に東京都となりました。