現在地から探す

名古屋市港区(愛知県)のトランクルーム&収納スペース検索

愛知県名古屋市港区港北町3丁目107番2
¥7,260〜¥22,000
7260 22000
1.6帖(2.48m²)〜4帖(6.53m²)
くわしく見る

愛知県名古屋市港区八百島2丁目105
¥7,150〜¥31,900
7150 31900
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)
くわしく見る

愛知県名古屋市港区宝神3丁目501他
¥7,150〜¥33,000
7150 33000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)
くわしく見る

愛知県名古屋市港区土古町4丁目5番1
¥8,250〜¥30,800
8250 30800
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)
くわしく見る

愛知県名古屋市港区福田1丁目1112他
¥6,600〜¥33,000
6600 33000
1.6帖(2.51m²)〜8.3帖(13.57m²)
くわしく見る

愛知県名古屋市港区木場町10-17
¥2,640〜¥33,000
2640 33000
0.5帖(0.67m²)〜7.4帖(12.18m²)
くわしく見る
ウェブ契約のメリット!キャンペーン実施中!6ヶ月分の賃料半額+初期費用最大 2ヶ月分相当割引!
「トランクルームでバイクを保管する」という選択肢。車庫の代わりに・バイクの盗難防止に!

愛知県名古屋市港区について

特色

愛知県名古屋市港区のエリアでは、最小0.5帖から最大8.3帖までの広さのトランクルームがあります。港区の人口は約14万人、面積は約45.6平方キロメートルです。港区は名古屋市の南西部に位置し、市内の区では最大の面積を有しています。海に面しているため中部地方の海の玄関口ともいわれ、名古屋港は日本を代表する国際貿易港です。「ガーデンふ頭」を中心にした、ウォーターフロントを生かしたまちづくりを進めているのが大きな特徴となっています。なかでも「名古屋港水族館」「海洋博物館」は、南極をテーマに海洋文化に触れる体験型施設として市民に親しまれています。港区西部にはレジャー施設も多くある一方で、南陽地区には田園地帯が広がり米作りが盛んに行われているのも特徴です。

交通情報

愛知県名古屋市港区には市営地下鉄の名港線や名古屋鉄道築港線、名古屋臨海高速鉄道あおなみ線が通っています。隣にある中川区や南区、さらに離れた中村区などにあるJR東海や名古屋鉄道などの駅まで運行されています。主な路線バスには、名古屋市営バスや飛島公共交通バスがあります。主な自動車専用道路には、名古屋第二環状自動車道や名古屋高速4号東海線があります。

観光情報

愛知県名古屋市港区の名古屋港水族館は、イルカやシャチのショーなどが人気のスポットです。船着き場があるので、クルージングを楽しむこともできます。名古屋臨海高速鉄道あおなみ線を利用すれば、名古屋港水族館だけでなくレゴランド・ジャパンなどへのアクセスも良く便利です。名古屋港を横断する伊勢湾岸自動車道では、夜間のライトアップによる名港トリトンの美しい夜景を楽しめます。港区西部には日光川公園があり、国内最大級のサンビーチ日光川や農業文化園、とだがわこどもランドなどが整備されています。また、リニア・鉄道館は、東海道新幹線や在来線、リニアなど多くの車両を展示している人気スポットです。新たに「ららぽーと名古屋」もオープンするなど、港区の観光スポットは増えているので今後はさらに注目を集めていくことでしょう。

歴史や変貌

愛知県名古屋市港区は1907年に愛知郡小碓村が名古屋市域に編入され、1908年に4区制が施行された際に南区として発足したのが始まりです。港区になったのは1937年のことで、名古屋市10区制が施行されたときに「港区」となりました。1965年ごろまでは港橋の下を運河が通り、水路として活用されていましたが、防潮壁整備などの必要性から埋め立てられています。港区では、国内初の国際的な博覧会となる名古屋汎太平洋平和博覧会が行われました。また、世界デザイン博覧会が開催された際には名古屋港ガーデンふ頭が会場の1つに選ばれました。名古屋市電が市電のある風景として「認定地域建造物資産」に認定されるなど、港区には多くの歴史的建造物があります。